金持ちにだって貧乏が性に合う人が多分いる

orangestar.hatenadiary.jp

この記事に

10億あっても幸せになれない - orangestarの雑記

だからこそ多様性の確保が重要なんだろうな。みんなが「やりがいより効率」と考えるなら、やりがい搾取が成立しなくなる代わり効率改善効果が発揮される余地も無くなる。

2017/09/07 10:41

ブコメしたのだけど補足。

言わずもがなのことで無粋極まるが、「10億の金に利子がつく」のは「10億の金を預かってそれを元手に金を貸し利子を取ってその利益を得たり、外貨や株や先物を売り買いしてその利ざやを稼いだりする人」が稼いでくれるからである。
さらに言えば、金貸しの先には金を借りて何かをやって利子を付けて金を返す人がいるし、外貨や株や先物の先には、そこでやり取りされる金や会社や物を通して利益を得ようとする人がいるから、金を預かった人は利子を得られる。
これらの人達が「10億の元手で何もしないで利子だけで遊んで暮らす」ことを選ばないから(選べないから)「10億の元手で何もしないで利子だけで遊んで暮らす」人が存在し得る。

実際、利子だけで暮らす生活を提示されたら私はそれを選ぶだろうか。選ぶ。選ばせて下さい。
でもその上で、なんか余計なこと始めそうな気もする。
利子だけで遊んで暮らせる生活は、たぶんそれが出来る人間を選ぶと思う。

貴族でも公家でも武士でも良い、かつて上流階級と呼ばれた人々の中に、精神的に患ったり奇矯な行動を取る人が多かったのは、そうした生活に耐えられない人達がいたと言うことではないか?
あるいはその階級ならではの複雑な礼儀作法やら常識やらが積み上がっていたのも、あるいはいわゆる「ノブリス・オブリージュ」なども、そういう物事を生み出しそれをこなすことを目的化しなければ生きていくことすらできなかった人達が多くいたということなのではないだろうか。
金持ちの中にも、上流階級に生きる人達の中にも、貧乏生活のほうが生き生きと幸せに暮らせる人はいると思うのだ。(本人や周りはけしてそうは認めないだろうけど。)

貧困の中に喘いで、そこで生きることが耐えられなくて死ぬ人もいれば、そこでの生活を受け入れられる人もいるのも同じことなのではないか。
中流ゆえの「どちらにも属さない」苦しみを感じる人と感じない人がいるのも同じ。

もちろん、経済的な余裕の差はその人の生存確率に大きく影響を与えるから、貧困層の困窮による死亡の方が数は圧倒的に多くなるから、貧乏であることが、貧富の差が激しいことが、多くの人々の不幸に繋がっていることは確かだけれど、結局それぞれの状況において、その状況に向いている向いていないがあって、それぞれの性向とそれぞれの状況とをうまく噛み合わせようと必死に努力している結果が、今の世の中であり、その中には今いる状況ではない別な状況のほうが幸せになれる人が多く含まれているのだろうと思う。

いわゆる自己責任論的世界は、ただ世界の一部の人の幸せしか見ていないことがわかる。
「貧困者を経済的に支える」「金持ちに経済的な負担を与える」こともまた、それぞれの性向の存在を受け入れた上で、それぞれの状況において、それぞれが少しでも幸せに生きていけるような方法を模索することの一つであり、それらが一つでも増えることが、総じては社会全体の安定につながるのではないだろうか?

ベーシックインカムが全ての人を幸せにすることは無いだろう。
でも、それによって幸せになる人は多分いる。
同時にそれによって不幸になる人も多分いる。
そしてこれはどんな施策に関してもいえることだ。
だから、「それは正しいか正しくないか」という問いかけは限定的にしか意味はない。

社会保障が社会を安定させるのは、社会保障が必要なギャップが存在するからだが、ギャップが完全に無くなれば、当然それを不満に感じる人々が増える。周りとギャップがなければ生きていけない人もいるのだ。そういう人達の不満が社会を不安定にする。

結局のところ「社会の安定」とは「比較的幸せな人が多い」状況で発生している状態であり、「社会の安定の維持」は「それぞれの状況と性向に応じた幸せを獲得できる人を増やす」ことによってしかなし得ないということだ。

だから、多様性の確保が重要なのだ。
それは「AはBでなければならない」「AはBであるべきだ」を少しずつ解体しては再構築していくということを通して得られる成果なんだろうと思う。
もちろん「多様性は絶対確保されなければならない!」もまた解体再構築されるべきものだろう。単一の価値観に包まれた状態にこそ安定と幸せを見つける人はいるのだから。
でも、もちろんそうした人だけが生き残れる状態もまた間違っている。

ああ面倒くさい。
つくづく「いい加減」ということの難しさを感じる。