違和感も表現行為の内かも

anond.hatelabo.jp

この記事に

男性漫画家の描く

可愛いファションと聞いて桂正和とかきたがわ翔の名が思い浮かんだのだが、こういう時に出てくる漫画家の名前でセンスがバレるのだろうなと思って震えている。

2016/05/31 12:14

ブコメしたのだけど、他のブコメを見て感じたことを。

違和感を与えることは撲滅すべきことか

すべての漫画が違和感のないファッションを目指さなければいけないということはないと私は思う。

と言うか、もっと大きく言うと、あらゆる表現において、誰が見ても聞いても違和感の全くない表現を目指さなければならないということはないと思う。

もちろん違和感が邪魔をして本来その人が表現しようとしたものを、読者・視聴者・観客が感じ取れなくなる場合はあるわけでそれは出来る限り減らそうと努力するのは悪いことではない。
でも、それはあくまで「悪いことではない」と言うレベルの話であって、そこは本筋ではないと私は思う。

違和感とは何かと言えば、その人、受け手の価値観・常識・体験・記憶を通して見た時、表現された現れたものと、感じ取る表されたものとの間の齟齬であると言えると思う。
「愛してる」と言っている人がいて、でもその人の行動・言葉がどう見ても人を愛しているように見えない場合などに感じるズレが違和感。
しかし、「誰が見ても見いても違和感の全くない表現」を目指す場合、そこでは読者・視聴者・観客が必ず過去に見てる・聞いてる・感じ・刷り込まれ、一般的と感じているものだけを使わなければならないということになる。

それは正直あまり現実的ではない様に思うし、また表現行為の一部でしかないとも思う。

大体において表現行為という物自体が、本来持っている価値観・常識・体験・記憶にずれのあるもの同士が、己の中にあるそれらを相手に伝えようとする行為に他ならない。
ズレが有るのが前提と言ってもいい。
とすれば、違和感が発生する率は元々極めて高い行為なのだ。

違和感があるから表現行為が有るのでは

と言うか、表現行為の一部であるコミュニケーションについて言えば、むしろそのズレ、違和感をどうやって埋め合わせるかという点こそが目的ということが出来る。
通じないモノ、理解されないモノ、違和感ありまくりのモノを相手にどうやって伝え納得させるか。
つまりコミュニケーション能力とは、軽やかに会話をする能力ではなく「伝わらないものを伝え、伝えたいものを受け取る」能力だ。
違和感を前提にその克服を目指すことこそがコミュニケーションなのだ。
(だから、「可愛くなったとされるキャラクターの着ている服が可愛くないと言われたから可愛い服とは何かを研究しその時点でそれにそった服を描いていく」と言う作業は作者と読者とのコミュニケーションの一環だということは出来る。
でも、コミュニケーションのために漫画が描かれてるのだろうか?チョット違う気がする。)

また、違和感から新しい表現が生まれるという場合もある。
例えば、印象派の絵画は私達から見たら抽象画に比べたらよっぽどリアルな絵に見えるけど、それ以前の絵画に慣れ親しんだ人々からはけちょんけちょんに叩かれた。
(そういえばけちょんけちょんに叩かれるっていう言葉も最近使わないな)
印象派の絵は、その製作者たちが自分が感じ取る世界の風景を少しでもそれに忠実に表現しようとして生まれたが、その表現方法が当日人々の見慣れた絵画から大きくずれていたから叩かれた。
作家は自分の感じ取る世界と絵画表現との違和感を克服しようとし、その生み出されたものを見て受け手は自分たちの見慣れた常識とのズレを違和感として感じる。
そのぶつかり合いを経て、今では極当たり前の絵画表現として定着している。

まあ、これは極端な話。
ただ、新しい表現は違和感の中にあるとも言えるという話ではある。
(ぶっ飛んだデザインのキャラクターが出て来る、あるいはあまりにダサいキャラクターが出て来るシーンは、ありきたりなその時点で普通な服装のキャラクターより、激しく見ている人の脳裏に焼き付く。当然「あの作家はファッションセンスがダサい」という感覚とともにではあるけど、その「残る」ということにも意味はあるのではないだろうか。)

閑話休題

繰り返しになるが、作者が表現したいこととは別な所で違和感を与えて結果楽しめなくしてしまうことのデメリットはあるし、それを避けられるなら避けるに越したことはない。
でも、そこに気を取られて表現したかった所に時間がかけられなくなる位なら、「表現したいという所に注力し、結果、本筋でないところに違和感を感じた人からの批判は甘んじて受ける。」方がマシだと思う。やれる時間も人手も限界が有るのだから。

(漫画太郎先生の作品に出て来る女の子が着る、作中で可愛いと称される服装が現実世界で可愛いとはいえない服装だったとして、氏の作品の魅力がいくばくか損なわれるだろうか。鼻糞一粒位じゃないだろうか。)