だが、ゾーニングはアパルトヘイトと同じでもある

www.bbc.com

この記事に

国連が批判する日本の漫画の性表現 「風と木の詩」が扉を開けた - BBCニュース

比較的良記事。/倫理観は所属する文化圏により異なる。統一の倫理を求めることは、その倫理に収まらない者への差別を容認することにつながる。ゾーニングは倫理観の多様性を確保する現実的な方法の一つではある。

2016/03/16 18:28

ブコメしたのだけど追記。

ブコメにはああ書いたけど、個人的には「積極的にゾーニングを進めるべきだ」とは考えていない。
あくまで窮余の策だと思う。理想的な方法ではない。
選挙制度が民主主義を実現するのには欠点だらけだけど、現状それに変わる現実的な手法が無いからそれを使わざるを得ないけど、選挙制度=民主主義ではないのと一緒。

ゾーニングは「ある価値観を共有するものが、それに対立する価値観を共有するものと対立しないために、物理的に区分けをする。」というのは、結局アパルトヘイトと同じ構造を持っている。

理想を言えば、ゾーニングを行わず、お互いの価値観を認め合い対立項があっても許容し合い譲り合いながら、お互いに快適な状況を模索できれば一番。

でもそれを求めることは正直現実的ではない。

でもでも、その理想を目指すことなくゾーニングありきで進めるのは、色々と理由をつけながらアパルトヘイトを許容する自称平等主義の人種差別主義者のやり方と同じだと思う。

ああ、悩ましい。