読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与党が憲法改正を目指していたら

歴史にでもしかは無いのだけれど、考えたくなるのが世の常。

もし、安倍総理自民党が、今回の安保法制に関し、憲法改正を前提とした安保法制案を堅持していたらどうなっていただろうか?
正直、それほどちゃんとチェックしていた訳ではないのであくまで私の観測範囲内での話だけど、

まず、三人の憲法学者の「違憲」判断による衝撃は無かったのは確実だ。だって改憲が前提だから。

改憲は3分の2の賛成が必要。
当然改憲の内容次第で難易度は変わるが、もし仮に今回と同じ賛成者を集められたとしたら衆議院は通過できる。

今、安保法制に反対している人間の半分以上は、決定プロセスを問題にしている様に思える。
デモで主張される言葉も、民主主義とは?とか立憲主義とは?という話が多い様に見える。
ネトウヨが批判するほどサヨク的な人は少ないように思う。
と言うか、もしサヨク的な人がこんなにいたなら、事ここに至る前にもっと何らかの活動を行ってたろうし、影響も大きかったろうけど、そんなことは無かった。
だから、デモを行ってる人たちのほとんどはかつてのいわゆるサヨクでもなんでもない。世が世なら政治などには関心も持たなかったであろう中立なノンポリな人たちだったのだと思う。

もし自民党があくまで憲法改正を含めた安保法制樹立を目指していたとしたら、あんなにたくさんの人たちが反対デモに参加しただろうか?
たぶんもっとずっと少なかったと思う。

今の安保法制反対を訴える法学者の中にも改憲派が多いことは周知の話。
それはたぶん個人レベルでもそうだと思うから、改憲を前提にした安保法制なら彼らは味方に付くか少なくとも反対には回らなかっただろう。

もちろん、反対は起きたはずだし、内容次第ではもっと激しい抗議運動が起きた可能性もある。
でも、自民党にとっては今よりは戦いやすい状況になっていたのでは?と思う。


目先の効率に飛びついてしまったことが今の状況を招いたように思う。
なんかこう、
売り上げ足りないからと赤字セールを繰り返してかえって危機に陥ったみたいな、そんな感じがする。