読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

差別のありか

差別と区別

Weblio辞書で調べると「差別」は

さ べつ 【差別】(名)スル
①ある基準に基づいて,差をつけて区別すること。扱いに違いをつけること。また,その違い。 いづれを択ぶとも,さしたる-なし/十和田湖 桂月」
②偏見や先入観などをもとに,特定の人々に対して不利益・不平等な扱いをすること。また,その扱い。「人種-」「-待遇」
③〘仏〙「 しゃべつ(差別)」に同じ。

一方「区別」は

く べつ 【区別】(名)スル
あるものと他のものとの違いを認めて,それにより両者をはっきり分けること。「-をつける」「公私を-する」

とある。
差別の場合は②の意味合いで使われることが多いと思う。①の場合でも“扱いに違いを付ける”が重要なポイントとされることが多いと思う。

この記述で比較すると、この2つの違いは分けた結果を踏まえて行為をするか否かという点に集約されると言える。

現代日本の人の多くは「差別はいけないこと」という考えを前提に生活をしていると思う。外から見て極めて差別的な発言をする人間ですら、本人的には差別などしているつもりはなくあくまで公平・平等に振る舞っているつもりで、他の者から差別的な行為について指摘を受けると「これは区別だ」と言う…そんな場面が散見される。

これは何故だろう。

上で表記的な違いとして「行為をするか否か」にポイントをおいたが、実際問題「区別」した先には当然行為が続く場合が多くあるから、結局本人は区別しただけのつもりでも結果的には相手が差別的な待遇を受けたと感じる行為につながることは十分あり得るわけだ。

では「区別」と「差別」の間には違いがないのだろうか。違いを認めて分けた時点で全ては差別へのつながっているのだろうか。

差別は価値観が生み出すもの

辞書の表記から離れて考えてみよう。


差別の現場ではよく「被害者の感情ありき」で語られることがある。
「差別された」と思う人がいるから差別なのだという言い方だ。
だがこれは、ひっくり返せば「被害者が「差別された」と言わなければそこに差別は存在しない」ということになる。
この言い回しが出てくる理由は「差別はしていない」と考えている差別者に対し、「貴方が間違っているのではなく、ただ差別されたと言っている方が感情的になっているのです。」と言った方が受け入れられやすいからだと思うが、根本的には間違いだ。

私は、差別と区別の違いは「優劣」の判断があるかどうかの点だと考える。

分けることは当然必要なことだ。実際に世の中にあるあらゆるものは違いで溢れている。分かるということは分けるということだ。
分けた先で、自分の持つ価値観を基準にそれらの優劣を決め、それに基づいて行為を行う。これが差別の仕組みなのだろうと思う。


「優れたものと劣るもの」「価値有るものと価値の無いもの」「役に立つものと立たないもの」。
こういう自分の付けた評価を元に「優れた価値のある役に立つものを活用すること」は「合理的」な行為と見える場合が多い。

また、不純物を伴わない純粋なものは、そのものの持つ性質が最も強く出る存在であり、そういう意味でも利用しやすいし、また純粋であること自体が強いインパクトを見るものに与えるため、純粋であること自体が力の一つとなる。
例えば色々混じった水と蒸留した水では、蒸留した水の方が工業製品の製造などには向いている。純粋な物質は化学実験には必須だ。細菌培養は特定の菌だけを培養できて初めて意味を成す場合が多い(コンタミで新発見はあくまで例外だ)。
純粋な赤や白や黒などは見る人に強いインパクトを与える。純粋な才能の発露は人に感動を与えることが多い。
だから純粋であることは「美」であり「真実」であり「正しい」と考えがちじゃなかろうか。(少なくとも私はそうだった)

(でも地球環境を見渡すと、純粋なものは実は少ない。というか、多種多様な物が混在することによって一つの世界を形成している状況が随所に見られる。
純粋なもので構成された世界はそのものを消滅させるものの存在によって破滅しやすくなる。純度が高ければ高いほどその可能性は高まる。
では不純物が含まれる場合はどうなるか?
不純物があるとその場は不安定になる。純粋な状態に比べ明確さが失われる。多様性により混乱が生まれやすくなる。
だが、全体としてその場自体の永続性はむしろ高くなる。

例えば日本刀は固い鋼と柔らかい鋼をブレンドすることで、高い切れ味と実用的な耐久性を確保している。様々な新素材は、様々な素材の合成から生まれる事が多い。水槽の中で人間からエサを得て生きている熱帯魚は人間がエサを怠れば死滅してしまうが、植物や動物や微生物や水の流入排出のバランスを取ったビオトープは人が手を入れなくても存続する。


閑話休題。横道にそれた。)

差別の構造

差別の根底にある価値観が優劣や価値の尺度として存在する。
その価値観にある者にとっては、その価値観を尺度として優劣を決めそれに基づく行為をすることは極めて合理的な行為である場合が多いし、それを純粋に追求する行為は理想を目指す美しく正しい行為と見える場合も多い。
逆に差別しないことは見た目あまり美しく感じられない場合が多い。苦労も多く、その割にメリットは少ない様に見えることが多い。

差別をしないということは他の価値観を受け容れるということ。
価値観とは物の価値をどう捉えるかの思考体系であり、その中にはすでに優劣が含まれている。自分の価値観を相対化しない限りその中に含まれる差別を見つけ出すことは出来ないし、それを受け容れることは自分の信じる価値観の部分否定と再検討を必要とする。
他の人の価値観を受け容れることとは尺度を2つ以上に増やすこと。
つまり「絶対」を語れなくなるということだ。

その状態は極めて居心地が悪く、モヤモヤする状態だ。
だからつい「自分の信ずる価値観のもとで差別とされる行為をしない」事をもって「差別しない」ことに代えようとしてしまう。
だがそれは、ほんとうの意味での差別の解消ではない。

(以前、ある男性が男女差別について語っていた、その中で「俺は女性を差別していない」と称し、その根拠は「女性を大切にしているから」と書いていた。言うまでもなくこれは「女性は大切にすべきだ」という彼の価値観に則っての行為であって彼の行為が差別的であるかどうかとは別な話だ。彼が彼と相対した異性の価値観を粗略に扱うなら、どんなに彼が女性を大切にしていると主張しようと彼は相手を差別していると言わざるをえない。)

立派なことを言う人ほど人を差別するのはなぜか

日々立派なことを語る人の言葉に差別的な事が含まれることが多いのは、彼らが恥知らずの差別主義者だからではなく、実は純粋な理想主義者だからだったりする。
純粋な理想主義者だからこそ、その行為はより一層差別的になるし、それを追求することを誇らしく感じこそすれ恥ずかしいとは微塵も考えないだろう。
ある価値観のもとそれを合理的に追求しているからこそ、他の価値観の人間から見れば不条理にしか見えない行為も平気で行えるし、ある価値観の中で正しくあろうとする倫理観を持つからこそ、その価値観が許さないものに対し正義の鉄槌をふるうことに躊躇しない。
差別者はどこか遠くの狂人ではない。むしろ正しくあろうとする人こそ陥りやすい境地なのだと思う。

彼らが自分の価値観を相対化することが出来ない限り、彼らの差別的な行為は無くならない。
そして価値観の相対化は、青春期の価値観の再構築と同じだけの努力が必要だ。
だが彼らが「差別はしていない」と言うなら、「差別はすべきでない」と本当に考えるなら、その努力=自分の価値観の相対化と再構築の努力を払うべきだ。


曽野氏コラムで南ア駐日大使が本紙に抗議 - 産経ニュース

件の事件、曽野氏がアパルトヘイト状態を好ましいと感じたのは不思議なことではない。彼女の「美しい日本」的な価値観の中には当然それを美しいと感じる要素が含まれているのだから。
問題なのは、自分の価値観で美しいと感じるものが別な価値観の上では差別であるということを理解することが出来ないこと、その結果自分が差別的な言動を行っていることに気づけないこと、そして気づけないということ自体が相手の価値観を全く無視していること=差別であることがわかっていないことだ。

差別は被害者が「差別だと感じた」から差別なのではない。
自分の価値観と相手の価値観との違いを見出そうとせず、自分の価値観を絶対正しいと考えるから差別が生まれるのだ。
差別は外にあるのではない、相手の中にあるのではない、自分の中に有るのだ。
自分の中の差別を見つけ出さない限り差別を無くすことは出来ない。