読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあ貧乏人はお国のために犠牲になれってことなのかな

【寄稿】日本衰退の抱き締め方 - 山本一郎

妥当な内容だと思う。読んでて暗澹たる気持ちになる。
解決策は提示されていないし、まあ提示されていたところで政治家にでもなって自分で実現するなんてことはないだろうからどちらにしてもあまり変わりない。
山本の場合、アベノミクスで恩恵を受けた側らしいから、まだ余裕を持って広い視点長いスパンでものを見、考えることができるけど、春の増税この方経済的な痛手しか被っていない側は、なかなかそういう視点を持ち得ない。(そう言う意味で、この記事は読む価値あったと思っている)

社会保障の改革を」とあるけど、それはどういうことなんだろうか。
社会保障は、金を集めてその金を使って弱者をサポートする制度だと思うが、結局、収入と支出の話で、収入を減らすか支出を増やすか、それぞれの方法を変えるかという話。
よく見られるのは「収入を増やす」か「支出を減らす」こと。
前者は消費税増税や控除枠の削減など、後者は生活保護の申請妨害などの話。
どちらも経済的に弱い人間をより追い詰める方向性のものだけど、それらが「社会保障を維持するため」を名目に実施される。
でもその維持された社会保障制度の恩恵に預かるのは誰なんだろう?

非常にステレオタイプな書き方で自己嫌悪に陥るけど、お金があって裕福で文化的な生活が送れてる人間とお金がなくて日々の暮らしすらままならない人間に、平等に負担を与えることは悪平等だ。
「貧者の一灯」の説話は同じ物でもその贈り手の状況によって全く価値が変わることを示している。
貧乏人の100円とお金持ちの100円は違う。
同じ円を使っているからわからなくなるけど、お互い別な貨幣を使ったら1貧乏円は100金持ち円位の差があってもおかしくないと思う。
それ位貨幣価値が違う人たちの同じ額面で扱うことは、同じ仕事をした一人には1,000円、一人には1,000ドル支払って「平等」だって言ってるのと一緒だ。
それぐらい差がある人々を、「平等」に保障しようとする制度、その維持のための負担を「平等」に付加するのは、平等ではない。

閑話休題

平等論の話ではなかった。
そうした不平等が偏在する状況で、「社会保障制度を守るため」の負担を今以上に強いられても、貧乏国(仮想)の住人にとっては負担に対する恩恵は赤字にしかならず、静かに自殺を強要されるのと一緒だよなあと思う。
(海外に行けばとかいう人もいるけど、それこそ、そこそこお金がある人間にしか出来ない話だと思うし)

そして、だからこそ山本は「使い方を考えるべき」と言ってるのだろうと思うけど、その手の意見が行政において反映された例は、私は寡聞にしてあまり聞いたことがない。たぶんどこかにはあるのだろうけど、上手く行っているなら今の世の中話題になってなければおかしいと思う。(知ってる人いたら教えて下さい)


ともあれ、短期で即効性の有る施策なんてたぶん無い問題だし、たくさんの人が(もちろん比率的には圧倒的に貧乏な人がより強く受ける形で)被害を被らなければ解決することはないのだろう。もちろん私を含め。
どうせ犠牲になるのなら、願わくば、どこかの縁もゆかりもない恵まれた方たちの老後の小遣いの維持としてではなく、私の手の届く範囲の弱い人々の助けとして犠牲になりたいものだと思う。そここそ私にとっての「お国」なんだから。

※でもねえ、最後の様な考え方って太平洋戦争時代に学徒出陣した人たちの手記とかによく書かれてるんだよね。それを思うと「こういう考え方は結局大政翼賛的なものを消極的に肯定することなんだよなあ」と思えてうんざりする。